デリケートな部分の脱毛と言えば、VIOですね。それぞれどこの部分かご存じでしょうか?

  • Vライン:下着を履いた際、正面側にできる三角形ができる3つのライン(いわゆるビキニラインがここにあたります。)
  • Iライン:脚を開いた際にできる股の間のライン
  • Oライン:お尻の穴の周辺のライン

この中で、自己処理が最も難しい部分がIラインです。

ビキニラインは自分でもよく見える場所なので処理しやすいですが、Iラインは見えにくいので、自分では処理が難しい部分ですよね。

しかも、Iラインは肌が敏感な部分ですので傷つけてしまっては大変なことになってしまいます。

ですので、自己処理ができずにほったらかしにしている方が多いのではないでしょうか。

でも、放っておいてしまうと、パンツのわきから毛がはみ出してる。。。なんてこともあるのがIライン。

そんな事態にならない為にも、Iラインのセルフケアが難しいなら、脱毛サロンや医療脱毛などのプロに任せるのが安心安全です!

Iラインの範囲はどこまで?大陰唇や小陰唇は含まれる?

Iラインと一言で言っても、実は脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって、施術対応できる範囲が異なることをご存じでしたか?

この事実を知らずにお店を選んでしまうと、思いえ描いていたイメージ通りのIラインにできず、後悔してしまいますので、しっかりと各店のIラインの施術範囲を確認しておきましょう。

Iラインの施術範囲を確認する際のポイントは、大陰唇と小陰唇を施術できるかどうかです。

大陰唇とは、陰部のヒダの外側のプニプニした部分の事で、

小陰唇とは、陰部のヒダの内側の粘膜の部分の事です。

この二つは、場所が違うだけでなく、皮膚の質も異なります。大陰唇は通常の皮膚ですが、小陰唇は通常の皮膚よりも敏感な粘膜でできています。

大陰唇は通常の皮膚でできていますので、一般的な脱毛サロンで対応できます。

ですが、小陰唇は敏感な粘膜でできている為、一般的な脱毛サロンでは対応できません。

これは、小陰唇は敏感な粘膜でできている為、誤って傷つけてしまった際に対応が難しいためです。

では、小陰唇の部分にも毛を脱毛したい人はどうしたら良いのでしょうか?

小陰唇(=粘膜部分)の脱毛はできない?対応しているのは…

粘膜でできている小陰唇の脱毛は、医療脱毛クリニックと一部の脱毛サロンで施術を受けることができます。

医療脱毛クリニックであれば万が一、粘膜を傷つけてしまった際に対応できる医療スタッフがそろっている為、安心して施術を受けることができます。

また、一部の脱毛サロンでは、ハイパースキン脱毛という非常に肌に優しい脱毛方法を採用している為、粘膜を傷つけることなく施術を受けることができます。

ハイパースキン脱毛と通常の脱毛の違い

通常の脱毛 ハイパースキン脱毛
アプローチ対象 毛根 毛の種
肌への刺激 ややあり

(施術時の温度が高い)

小さい

(施術時の温度低い為)

痛み ややあり 小さい
脱毛効果 高い やや低い
脱毛期間 短い やや長い

小陰唇の脱毛ができるのは一部の脱毛サロンと言いましたが、実は現時点で小陰唇の脱毛ができるサロンはディオーネだけなんです。

ですので、小陰唇の脱毛がしたい場合は、医療脱毛クリニックもしくは、脱毛サロンの「ディオーネ」に行けばいいわけです。

ディオーネと医療脱毛が選べることはわかりましたが、結局どちらに行けばよいか迷ってしまいますよね。

そんな時は、ご自身の脱毛に対する優先順位で選んでください。

ディオーネが向いている人

・施術時の痛みは極力ないほうが良い方

・のんびり時間をかけて施術を受けても良い方

・ディオーネの店舗がお近くにある方

医療脱毛クリニックが向いている人

・脱毛効果を優先したい方

・早く脱毛を完了したい方

肌トラブルが起こるのが心配な方

Iライン脱毛はVラインの形との兼ね合いで決めよう

脱毛する際、後悔しない為には、事前にデザインをしっかりと決めておくことです。

Iラインのムダ毛をどうしたいですか?完全にツルツルにしたいですか?それとも、形を整えたいですか?

この質問を考える際に、Iラインの事だけを考えて、「脱毛するんだから、完全にツルツルにしたい」と思った方は要注意です。

というのも、Iラインの近くにはVラインがあり、その境界は曖昧なんです。

だから、Vラインには毛を残した状態で、Iラインをツルツルにしてしまうと、どうしても違和感を抱く人が多いんですよ。

ですから、Vラインの毛を残す場合は、Iラインの毛は、形を整えたり、毛の量を薄くしたりする程度に留めるデザインが人気です。
また、Vラインをツルツルにする場合は、Iラインの毛もツルツルにする所謂ハイジニーナが人気です。

是非皆さんも、Iラインのデザインは、まずVラインのデザインを決めてから考えてみてください

脱毛サロン・医療脱毛のIライン脱毛は痛いの?

脱毛サロンや医療脱毛で使われている脱毛器は、光を肌に照射し、毛根を温める事で、毛根を弱く細くしていきます。

施術時の痛みは、光を照射した際の毛根の発熱が原因です。

こうした理由から、どうしてもIライン脱毛でも痛みは覚悟しておかなければいけません。

ですが、体験者の口コミの中には↓こんな勇気づけられるものがあります。

初めての時は痛かったが、回数を重ねると、慣れてきて気になる程ではなくなった。

とは言え、痛いのはイヤだな、、、という方には、医療脱毛クリニックよりも脱毛サロンがオススメです。

脱毛サロンで使われる脱毛器は、医療脱毛の脱毛器よりも光が弱いので、毛根の発熱少なく、痛みを感じにくくなるからです。

さらに、脱毛サロンの中でも「ディオーネ」は、ハイパースキン脱毛という、通常の脱毛サロンよりも毛の根元の発熱が小さい方式を採用しているので、より痛みを感じずに施術を受けられます。

施術時の痛みを抑えたいなら、脱毛サロンがオススメ

その中でも、一番痛くないのは「ディオーネ」です。

Iライン脱毛施術時は恥ずかしい姿勢させられる?服装も紹介!

脱毛サロンや医療脱毛に行くのに抵抗を感じる人は、やはり施術時に見られるのが恥ずかしいという方が多いです。

普段隠している部分ですので、始めの内は誰しも恥じらいはあると思います。

ですが、通っている内に、見られる事に慣れていき、大して恥ずかしいと思わなくなります。

むしろ、Iラインをほったらかして、ハミ毛を恋人に見られる方が恥ずかしいと思うように心境が変わっていきます。

とは言え、初めが一番恥ずかしいと思いますので、事前に服装や施術姿勢を知っておき、心の準備をしていきましょう。

施術時の服装
紙パンツ
(施術時は、紙パンツを足の付け根くらいまでズラして脱毛処理を受ける)

施術時の体勢
あおむけ+膝を曲げた姿勢

全裸になるわけではなく、パンツを履けますし、施術範囲が見える程度にズラすだけなので、マジマジと陰部をみられることはありません。

思っていたより恥ずかしくないのではないでしょうか?これなら、ハミ毛をほったらかしているより恥ずかしくないですよね!

Iライン脱毛中に濡れたなんていう口コミを見たのだけれど…?

Iラインをする際に、もう一つ心配される方が多いのが、「脱毛中に濡れてしまうのではないか」というものです。

おりものの量は個人差がありますが、人によっては生理前だけではなく、普段からおりものの量が多い方もみえます。

確かにそうした方にとっては、施術中に濡れてしまい、施術してくれているスタッフさんに気付かれたらどうしよう。。。と不安に思ってしまいますよね。

実際、施術時に濡れてしまったら気づかれるのでしょうか?

結論から申し上げると、濡れてしまっても気づかれることはないです。

理由は2つあります。

一つ目は、施術時は脱毛する箇所の周りにジェルを塗られるので、おりもので濡れているのか、ジェルで濡れているのか見分けがつきません。

二つ目は、施術時に陰部にガーゼなどで隠してくれる店舗があるので、濡れている事自体気づかれません。

ですので、不安に思われなくて大丈夫です!

Iライン脱毛前の自己処理ってどうする?ヒートカッターはおすすめ?

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで行う場合でも、施術前に事前にIラインの自己処理が必要な場合があります。

その際、安全に自己処理する方法としては、ヒートカッターがオススメです。

そもそも、Iラインの自己処理をする方法のポイントは、「陰部を傷つけない事」と「パンツから毛が突き出てこない事」です。

一般的な剃刀を使った方法の場合、陰部を傷つけるリスクがあります。

さらに、剃った後の毛がチクチク痛かったり、パンツから突き出てきたりするデメリットがあります。

一方で、ヒートカッターの場合、完全に毛の生え際までカットするわけではないので、肌に直接なダメージを与えません。

しかも、切った毛の先端が丸みを帯びるように、熱で温めるので、チクチクすることも、パンツから突き出すこともありません。

ただし、ヒートカッターを使った処理の場合、完全には毛がなくならないので、この方法のみでIラインのケアをし続けようと思うと、メンテナンス頻度が高く面倒です。

ですが、

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに行く前の暫定処理としては、ヒートカッターを使う方法が手軽でオススメです。

Iライン(大陰唇&小陰唇付近)脱毛で人気の脱毛サロン・医療脱毛はココ!

ここまでみてきたように、Iライン脱毛の施術範囲がサロンやクリニックによって変わります。

ですので、小陰唇までケアしたいかどうかで私がオススメする脱毛サロンと医療脱毛ができるお店はそれぞれコレです。

小陰唇までケアしたい方におすすめ

脱毛サロン
・ディオーネ
医療脱毛
・レジーナクリニック
・聖心美容クリニック
・湘南美容外科

大陰唇だけのケアで十分な方におすすめ

上述の脱毛サロンおよび医療脱毛


脱毛サロン
・ミュゼプラチナム
・プリート

以下に各サロン、クリニックの「VIO施術コース」の料金をまとめました。

【VIOライン脱毛価格表】 小陰唇

施術

価格 1回あたりの価格
脱毛

サロン

プリート 1回:25,000円 25,000円
ミュゼプラチナム 4回:36,000円 9,000円
ディオーネ 12回:96,000円 8,000円
医療脱毛 聖心美容クリニック 5回:96,000円 19,200円
レジーナクリニック 5回:84,000円 16,800円
湘南美容外科 9回:76,500円 8,500円

低価格で施術したいは、脱毛サロンのディオーネもしくは医療脱毛の湘南美容外科がおすすめです。

その上で、早く施術を終えたい場合は医療脱毛の湘南美容外科痛くない方が良い場合は、ディオーネという風に選んでください。

価格的にはどうしても医療脱毛のほうが高くはなります。そのため、とりあえず安いからという理由で脱毛サロンを選ぶ方も多いんです。

しかし、しっかりと結果を出したいのであれば、脱毛サロンよりも医療脱毛を選ぶべきなんですよね。

お金を捻出する方法としては、車を売却する、身の回りのいらないものを売る、短期バイトをする、カードローンで借りるなどの方法があります。詳しくはこちらのサイトに記載されています。

お金が足りなくて脱毛サロンを選ぼうとしている方はとりあえずチェック→お金ふえーる:【経験談】今すぐお金が必要な時の対処法総まとめ!