毛深いOラインは恥ずかしい?男性視点ではどう?衛生的に処理必須です。

肛門回りのエリアを指す「Oライン」。デリケートな部分ですので、自分ではなかなか処理できない部分です。Oラインは、人に見られる部分ではないので、気になっていてもなかなか処理できませんよね。

だからこそ、処理せずに放っておいてしまう人が多い部分でもあります。

ですが、毛深い人は、スーパー銭湯に行っても恥ずかしかったり、恋人に見られたらどうしよう。。。など、放っておいたらなんだか恥ずかしい気持ちがあるかもしれません。

また、実際のところ彼女や奥さんのOラインのムダ毛について、男性はどう思っているのでしょうか?

・Oラインのムダ毛が剛毛だと、冷めてしまう

・少しくらいなら構わないが、それでもキレイに処理していてくれた方がうれしい

やはり、男性視点ではムダ毛処理してくれる彼女の方が嬉しいようです。

Oラインのムダ毛は、見た目だけの問題ではなく、放っておくと、衛星的にも良くありません。排泄物やおりものが付着した状態が続くと、匂いや肌トラブルの原因となってしまいます。

これらの事から、見栄え的にも、衛生的にもOラインのムダ毛を処理した方がいいと言えます。

Oライン脱毛したい!でもチクチク・黒ずみで悩むのはイヤ…

いざOライン脱毛するといっても、どうやって処理すればよいのでしょうか?手っ取り早いのは剃刀でそる?

なかなか見えないデリケート部分を剃刀で処理するのはかなり難しいです。それに万が一傷つけてしまった場合に傷跡が残ったりするかもしれないので、正直なところカミソリを使ったムダ毛処理はオススメしません

と言うのも、うまく自分で剃れたとしても、こんな悩みもでてくるんですよね。。。

・剃った後の短い毛がチクチク痛みの原因なってしまう。

・剃った肌の部分にゴマみたいな黒ズミができてしまう

この黒ズミの原因は、剃刀で処理した際に、ムダ毛だけでなく、肌の角質まで一緒に剃ってしまっています。すると、肌を刺激から守ろうとしてメラニン色素が分泌され、 肌に黒ズミまで出来てしまいます。

ムダ毛を手っ取り早く処理しようとカミソリを使うのは、上でご説明したようにいろいろと問題がある事がわかりました。では、肌トラブルなく処理できる方法はあるのでしょうか?

Oラインの無駄毛を自宅で処理する方法

Oラインはデリケート部分だから、人に見られるのは恥ずかしい。だからセルフケアでなんとかしたいと思う人が多いかもしれません。そこで、自宅でムダ毛を処理する方法を紹介します。

①クリーム
②ワックス
③脱毛器

①クリームを使った脱毛

クリームを使った脱毛は、 Oラインに直接塗り、ムダ毛を溶かして脱毛する方法です。

使用する脱毛クリームは、2000円~3000円くらいで購入することができ、お手頃価格でムダ毛を処理できます。

しかし、直接肌に塗る為、肌への刺激が強く、肌トラブルの原因となってしまうリスクがあります。

メリット

・自分でケアするのが簡単
・安くで処理できる

デメリット
・肌トラブルの原因になるリスクがある
・しみてしまうかもしれない

②ワックスを使った脱毛

ワックスを使った脱毛は、 ブラジリアンワックスをOラインに塗り、ムダ毛を引きはがす方法です。

ブラジリアンワックスは、ネットで3000円~4000円くらいで購入できるので、こちらも安くムダ毛を処理できますね。また、引きはがすので、手早く即効性のあるムダ毛処理の方法です。

しかし、引きはがす際に、引き千切る状態になり、毛が肌に埋まってしまう埋没毛や、ニキビなどの原因となってしまうリスクがあります。

メリット

・安くで処理できる

・手早くムダ毛を処理できる

デメリット
・痛い
・肌トラブルの原因になるリスクがある

③脱毛器を使った脱毛

光を幹部に照射し、脱毛する脱毛器。脱毛サロンなどで使われる脱毛器の簡易版が家庭向けに販売されています。
しかし、家庭用はサロン等のものよりも出力が弱く、 剛毛な部分に対する処理としては根気のいる方法です。また、価格が数万円~と高額なことも脱毛器には手を出しにくい要因になりそうです。

メリット
・サロン気分を味わえる
デメリット
・価格が高い

プロに任せれば安全!Oライン脱毛は医療とサロンどっちがおすすめ?

自宅でのセルフケアには、恥ずかしくないというメリットはありますが、やはり素人が独学でやるには肌トラブルや痛みのリスクがどうしても残ってしまいます。

これを解決してくれるのは、やはりプロの力に頼るのが一番です。

プロの脱毛には、脱毛サロンと医療の2種類があります。

脱毛サロンは、テレビ広告等でもなじみがあるでしょうが、療脱毛はなじみがありませんよね。まずは両者の脱毛方法をみていきましょう。

脱毛方法

脱毛サロン・医療脱毛のどちらも光を照射し、毛を生み出す毛乳頭を破壊し、 毛が生えないような処置を行います。

処置をしてすぐに毛が抜けるのではなく、2週間程度で自然と毛が抜け落ち、次に生える毛が徐々に細くなっていき、最終的には生えなくなる脱毛方法です。

では脱毛サロンと医療脱毛、両者の違いは一体何なんでしょうか?

それは、照射する光の強さにあります。

脱毛サロン

・使用される脱毛器は「光脱毛器」

・光の強さは「中」程度。

医療脱毛

・使用される脱毛器は「レーザー脱毛器」

・光の強さは「強」程度。

また、光を照射している間は、毛根部分に熱が生じる為、 痛みが生じることがあります。この点で、医療脱毛の場合、 医療行為として、麻酔薬を処方してもらえます

こうした点から、脱毛サロンよりも医療脱毛の方がおすすめです。

Oライン脱毛施術時の態勢が恥ずかしいって聞くけどどうなの?

ただでさえ恥じらいのあるOラインを、人に見られるのだから、不安に思ってしまいますよね。

施術時の姿勢は、主に以下3つの恰好で行われます。

施術態勢

・うつ伏せ

・横向き

・四つん這い

施術する人によっても、態勢は異なる為、一概には言えませんが、 うつ伏せや、横向きであれば、思っていたよりも恥ずかしい体勢ではありませんね。

医療現場では、座薬や直腸検査を受けるなんてこともあるでしょうから、 医療脱毛も医療行為だと思えば恥ずかしさも半減しそうです。

それでも不安に思う場合は、施術前のカウンセリングの際に、 施術体勢についての要望をお願いしてみると良いかもしれません。

Oライン脱毛施術時の服装は?全裸じゃない?

デリケート部分の処理なので、裸でお尻を突き出すんじゃないか?
という不安を抱いてしまいがちですが、施術時は裸ではありません

施術を受ける際の服装は、紙パンツが定番です。

紙パンツの形状は、Tバックスタイルや、お尻の半分くらいが隠れるなど、 クリニックによって異なりますが、しっかりとパンツをはけるので安心ですね。

Oライン脱毛施術回数は何回必須?通うのが面倒なら医療脱毛で

光を照射する脱毛器は、毛乳頭を破壊していきますが、 一度の施術で完全に破壊しきれるわけではありません。ですので、複数回の通院が必要になります。

また、通院間隔は毛は約2か月に一回です。

これは、毛が生え変わる周期が1.5か月~2か月なのですが、 毛が完全に抜けている状況では、光を照射しても 施術効果がない為、発毛周期に合わせて通院するからです。

では、脱毛サロンと医療脱毛の施術回数と施術完了までの目安を見てみましょう。

脱毛サロン

施術回数:12回程度

施術完了までの期間:2年

医療脱毛

施術回数:5~6回

施術完了までの期間:1年

早く処置を完了したい方や、通院が面倒な方は、医療脱毛という選択肢もありかもしれませんね。

Oラインをお得に脱毛できる期間限定キャンペーンを紹介します。

ここまでみてきたように、プロの施術はセルフケアよりも安心安全にムダ毛を処理することができます。しかし、いざ脱毛サロンや医療脱毛を受けようとしてみると、たくさんあってどこが良いのか選ぶのが難しいですよね。今回は私がオススメする脱毛サロンと医療脱毛ができるお店を紹介します。

脱毛サロン
・ミュゼプラチナム
・プリート
医療脱毛
・レジーナクリニック
・聖心美容クリニック
・湘南美容外科

それぞれを選ぶポイントを見ていきましょう。

脱毛サロンの選び方

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは、美容脱毛サロンとしての店舗数・売上がなんとNO1の脱毛サロンです。NO1には理由は、お肌に優しい脱毛方法、そしてリーズナブルな価格設定です。

・痛みが少ない!

・値段が安い!

キャンペーン情報
VIOを含む7つの部位を4回施術を受けられる「ハイジニーナ7美容脱毛コース」が50%オフの36,000円!

プリート

プリートは、VIO脱毛専門の脱毛サロンです。VIO専門だからこそ、Vラインの基本デザインが9種類と豊富なラインナップを有します。さらに、カウンセリングを丁寧に行ってくれるので、自分に合ったデザインだけでなく、残す毛のボリュームなども相談にのってくれます。

・VIO専門の脱毛サロン!
・Vラインのデザインが豊富!
キャンペーン情報
VIOラインの施術を1回受けられるスタンダードコースが、80%オフの5000円!

こんな方におすすめ

できるだけ安く抑えたい方 ⇒ ミュゼプラチナム

Vラインのデザインにこだわりたい方 ⇒ プリート

医療脱毛の選び方

東京(渋谷・銀座)・大阪(梅田)・福岡(博多)にお住まいの方

⇒ レジーナクリニック

それ以外の地域にお住まいの方

⇒ 聖心美容クリニックもしくは湘南美容外科

結局のところ脱毛サロンと医療脱毛はどっちが良いの?

どちらもセルフケアに比べ、脱毛効果が高く、肌へも優しいので、ご自宅や勤務地から通いやすい場所を選ぶのも一つの選択肢です。

ですが、当然ながら料金や脱毛効果は両者の間で異なります。

脱毛サロンは、料金は安いが脱毛効果がやや薄い(照射する光が弱い為)。その分、痛みが少ないが、脱毛期間が長くなるのが特徴です。

医療脱毛は、料金は高いが脱毛効果は高い(照射する光が強い為)。その分、痛みがやや強いが、脱毛期間は短くなるのが特徴です。

表でまとめると、以下のようになります。

脱毛サロン 医療脱毛
料金 安い 高い
脱毛効果 医療脱毛より薄い 高い
痛み 少ない 脱毛サロンより強い
脱毛期間 長い 短い

こうして考えると、脱毛サロンと医療脱毛はそれぞれこんな方々にオススメだと言えます。

脱毛サロンはこんな人におすすめ
・料金はなるべく安く抑えたい方
・なるべく施術時の痛みを少なくしたい方
医療脱毛はこんな人におすすめ
・脱毛効果を優先したい方
・なるべく早く処理を完了したい方

まとめ

数あるサロンやクリニックがありますが、今回紹介した店舗はどれも顧客満足度の高いお店を集めています。

ここで紹介した以外にも、キャンペーン価格を設定したサロンはあるでしょうが、価格だけではなく、お肌のことをしっかりと考え、施術内容のしっかりした店舗を選んで頂きたいです

後々、肌トラブルで後悔しない為にも、上で紹介している店舗はオススメです。

また、ここで紹介している店舗は無料カウンセリングも行っているので、Oラインのムダ毛にコンプレックスがある方は、まずは無料カウンセリングに行ってみてください。行動しなければ何もはじまりませんし、何もかわりません。ですので、予約を取ってみることから始めてみてはいかがでしょうか?